妊娠力を高める食事方法について

妊娠力を高めるために食生活を見直そう!妊娠力を高める食事について

妊活を始めてもなかなか赤ちゃんが出来ないという場合は、自身の妊娠力を高める必要があります。妊娠力を高めるには、卵子の質を上げて、排卵をスムーズに行うための体づくりが必要です。

 

そこで今回は、妊娠力や卵子の質をアップする食事について紹介します。

 

妊娠力が高いのはいつまで?

一般的に妊娠適齢期は、ホルモンバランスが良好で卵巣機能や卵細胞が元気な25〜35歳前後だと言われています。35歳を過ぎると、年々妊娠力は落ち、妊娠しにくい体になっていきます。

 

これは、卵子の老化が最も大きな原因です。卵子の質は、全身の酸化度と関係があると言われています。不妊症や不育症で悩んでいる女性の体の酸化度は、他の人と比べて酸化が進んでいる場合が多いのです。

 

体の酸化度を下げ、卵子の質を上げることは流産の予防や赤ちゃんの健全な育成にも欠かせません。妊娠できない原因には、加齢以外にも、体質や環境など様々な要因が考えられますが、食事や睡眠などの生活習慣の見直しや健康な体つくりによって改善が期待できます。

 

妊娠力を高める食事

妊娠力を高めるには、まず母体が健康であることが大切です。そのためには、バランスの良い食事を心がける必要があります。

 

妊娠したい女性におすすめの食材

特に、卵や肉・魚などに含まれるたんぱく質、あさりや納豆に含まれる鉄分、牡蠣や山芋に含まれる亜鉛、ほうれん草やブロッコリーに含まれる葉酸などは、妊娠力を高める食材として有名です。

 

たんぱく質は、筋肉や皮膚、免疫体など体の重要な要素を構成し、赤ちゃんの成長にも欠かせない栄養素です。鉄分は、子宮の環境を整える役割を果たし、亜鉛は女性ホルモンの分泌を促進します。葉酸は、妊娠初期に胎児の発育を助けてくれるので、妊娠をしたい人は妊娠前から摂取することが厚生労働省より勧められています。

 

この他にも、正常な排卵にする効果が期待される玄米や全粒パンなどの複合炭水化物や、生殖器の健康維持に役立つとされるヨーグルトやチーズなどの乳製品も積極的に食べることが良いでしょう。

 

卵子の質を高める食材

卵子の質を高めるためには、なんといっても体の酸化度を下げる必要があります。そこで抗酸化作用の高い食材が効果的だと考えられています。

 

抗酸化作用の高い食材は、いちごや柑橘類に含まれるビタミンC、アボカドやアーモンドに含まれるビタミンE、ニンジンやかぼちゃに含まれるβカロチン、トマトや柿に含まれるリコピン、えびや鮭に含まれるアスタキサンチン、牛肉やキャベツに含まれるコエンザイムQ10などが代表的な食材です。

 

美容効果が期待される栄養成分として、長く注目されてきた栄養素の多くが卵子の質を高めるために活躍してくれるでしょう。

 

しかし、食材によっては体を冷やす作用を持ちますので、偏った食べ方をせず、バランスの良い食事となるよう心がけるようにしましょう。

 

妊娠力を高めるには?TOPへ

関連ページ

妊娠力の検査について
妊娠力を図るための検査を受ける事が出来るのは知っていますか?では、この検査で何をするのでしょうか?また費用はどの位かかるのでしょうか?
男性側の妊娠力について
妊娠できない場合、なぜか女性の事ばかりが問題視される事が多いです。しかし、妊娠には男性の妊娠力も大きく関わっているのです。