男性側の妊娠力について

男性側にも問題あり?男性の妊娠力を低下させる習慣

なかなか妊娠できずに悩んでいる女性もいると思います。「不妊症なのかな…」と自分の体に責任を感じる人も多いようですが、妊娠という現象はパートナーの協力があってこそ起こるものです。つまり不妊は女性だけではなく、男性側にも問題がある可能性があります。

 

ここでは男性の妊娠力についてまとめました。不妊で悩んでいる人は、パートナーの妊娠力も視野に入れて妊活をしていきましょう!

 

妊娠を左右する男性の妊娠力とは?

妊娠は受精卵が子宮内に無事着床した状態のことをいいます。着床しやすいグレードの高い受精卵を作り出すためには、元となる卵子と精子の質がよくなければいけません。

 

男性の場合はまず精子がしっかり作られているかをチェックする必要があります。次のような症状を経験したことがある場合は要注意です。

 

・精巣が腫れたことがある
・性病にかかったことがある
・精液の量が少ない

 

このような症状に心当たりがある人は精巣の機能が低下し精子の数が少ないか、あるいは無精子の可能性が考えられます。

 

精子の質を低下させる生活習慣

精子の量が足りているのになかなか妊娠できない場合は、次のような生活習慣が原因で精子の質が低下している可能性が考えられます。

 

・強いストレス
・睡眠不足
・食生活の乱れ
・喫煙
・飲酒
・血行不良

 

サラリーマンや仕事の休みが少ない人の中にはこのような習慣を持っている人は多いのではないでしょうか。仕事の忙しさで溜まるストレスや睡眠不足、運動不足による血行不良、喫煙や飲酒の量がなかなか減らせない人も多いのでは?

 

こういった生活習慣の乱れや疲労は精子の質を低下させる原因になります。

 

精子の質を高めるために効果的な対策法

精子のしつを高めるには生活習慣の改善が効果的です。どれも当たり前の方法ですが、健康的なライフスタイルを継続することが大事です。

 

食生活を変えて体を健康に!

質のいい精子は健康な体から作られます。外食を減らす、お酒を飲み過ぎないなど、普段から食生活に気をつけましょう。

 

また疲労回復に効果的なアミノ酸を意識して食事に取り入れましょう。青魚・肉類・卵・乳製品など動物性のたんぱく質に多く含まれます。いろいろな食材をバランスよく食べることが大切です。

 

適度な運動をする

体を動かすことで血液の流れが良くなります。また運動には気分転換やストレスを和らげる効果もあります。運動が苦手な人は近所を散歩する、通勤を徒歩にするなど、できることから始めてみましょう。

 

入浴も大事です

湯船に浸かることも血行促進・リラックス効果があっておすすめです。寝つきも良くなり、質のいい睡眠を促します。

 

気になる人はクリニックで検査を!

男性は妊娠や出産を経験することもありませんからそういった検査を受けることに抵抗がある人も多いようです。

 

生活習慣を正すことも大切ですが、まずは自分の妊娠力がどうなのかをしっかり把握することが妊娠への第一歩だと考えましょう。気になる人はクリニックでの検査をぜひおすすめします。

 

不妊を女性だけの問題にせず、男性も積極的に妊活をしていきましょう。

 

妊娠力を高めるには?TOPへ

関連ページ

妊娠力の検査について
妊娠力を図るための検査を受ける事が出来るのは知っていますか?では、この検査で何をするのでしょうか?また費用はどの位かかるのでしょうか?