黄体機能不全について

不妊の原因!妊娠率を下げる黄体機能不全とは?

黄体機能不全と聞いてもどんなものかすぐにわかる人は少ないのではないでしょうか。

 

黄体機能不全は不妊の原因になるとも言われており、妊活中の人にはぜひ知っておいていただきたい病気です。

 

ここではそんな黄体機能不全の症状や治療について詳しくご説明していきます。

 

黄体機能不全とは?

黄体とは女性ホルモンである“プロゲステロン”を分泌するもので、その機能が低下している状態を“黄体機能不全”と言います。

 

プロゲステロンは基礎体温を上げたり子宮内膜を厚くして妊娠しやすい体を作り出すホルモンで、そのホルモンがうまく分泌されなくなることで不妊になりやすいと言われています。

 

黄体機能不全の症状

黄体機能不全を患っている場合は次のような症状が現れることが多いようです。当てはまるものがないかどうかチェックしてみましょう。

 

・生理周期が乱れている、あるいはいつも短い
・イライラや体調不良など、生理前特有の症状がない
・不正出血がある

 

プロゲステロンの分泌量が少ないと生理周期にもばらつきが出てきます。また子宮内膜がうまく維持できず、膜の一部が剥がれ落ちて生理期間でもないのに出血が見られる場合があります。基礎体温を計っている人は高温期の期間に注目してみましょう。

 

短いようであればプロゲステロンの分泌量が足りていない可能性があります。

 

症状がある場合はどうすればいい…?

まずは婦人科やクリニックで検査をしてみましょう。病院にもよりますが、検査は主に血液検査と問診が行われます。

 

黄体機能不全かどうか判断するために生理周期、出血量、生理期間の長さなど、生理についての情報が必要になりますので自分でしっかりと把握しておくことが大切です。

 

黄体機能不全の治療は何をする?

治療は分泌量の少ない黄体ホルモンを投与してホルモンバランスを整え、妊娠しやすい体をつくります。本来プロゲステロンが多く分泌されるはずの黄体期(生理前)に、注射や飲み薬によって不足しているホルモンを補います。

 

また排卵が行われない場合は排卵誘発剤を服用する場合もあるようです。

 

ホルモンバランスを整えて妊娠しやすい体づくりを

黄体機能不全だからといって妊娠できないわけではありません。ただ黄体機能不全だと、妊娠しにくい体であるということは確かです。

 

妊娠の準備を整えるプロゲステロンが不足することで子宮内膜も薄くなり、受精卵の着床もしにくくなります。

 

黄体機能不全は治療をすることで改善できますから、もし気になる症状がある場合は病院での検査をおすすめします。また睡眠不足やストレスなどを改善することでホルモンバランスも整います。

 

生理周期の乱れや不妊が気になっている人はぜひ普段の生活にも気をつけてみてくださいね。

 

妊娠力を高めるには?TOPへ

関連ページ

黄体ホルモンを増やす食べ物
黄体ホルモンは女性ホルモンの一種ですが、妊娠力に強い影響を与えるものです。ここでは黄体ホルモンについて詳しく説明しています。
子宮内膜について
妊娠の条件として、子宮内膜の厚みが十分である事が重要です。では、子宮内膜の厚みとは一体何なのでしょうか?ここでは子宮内膜について詳しく説明しています。