セロフェンについて

セロフェンとは?その効果と副作用について

セロフェンとは、妊娠を望んでいるのに排卵がうまく出来ていない時や、排卵をコントロールしたい時に処方される薬です。今回は、セロフェンについて、効果や副作用をまとめました。

 

セロフェンとは?

セロフェンとは、クロミフェン酸塩を主成分とする排卵誘発剤の一つで、同様の薬にクロミッド、オリフェン、フェミロンなどがあります。不妊治療において、自分で排卵できない、あるいは排卵日をコントロールしたい人などに処方されます。また不妊治療で最初に行われるタイミング法で妊娠が出来なかった場合に、セロフェンを使用して排卵誘発を促すこともあります。

 

現在不妊治療をおこなっているという方は、下記のセロフェンの効果と副作用について良く知って頂いてセロフェンの使用を検討するのも一つの手です。

 

セロフェンの効果ってどんなもの?

セロフェンは、脳下垂体に作用して、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)の分泌を促します。これによって、本来は一周期に左右どちらかの卵巣から1つだけ育つ卵胞が、多く育って排卵されるようになるので、受精のチャンスを増やすことが出来ます。

 

セロフェンは、服用後すぐに排卵が起きるわけではなく、継続的に飲むことでホルモンの分泌を増やし、卵胞を成長させて、自然に排卵が行われるようになるというメカニズムを作り上げます。また、セロフェンの服用中は、卵胞だけでなく中の卵子の成熟度を上げることが出来ると言われており、排卵された卵子の受精率を上げ、さらに妊娠維持率も高めてくれます。

 

つまり、セロフェンは、排卵誘発剤という名前ではありますが、排卵させる効果を持つ薬というよりも、卵胞や卵子を成熟させる薬と言えるでしょう。

 

服用方法について

基本的には、生理開始日から数えて5日目ぐらいから飲み始め、5日間を1周期として服用します。セロフェンを最後に服用してから1週間前後で排卵が起きると言われていますので、確認のためにも基礎体温を記録することが大切です。1周期目で効果が無ければ、2周期目には少し薬を増量して再度服用を開始します。

 

セロフェンの副作用は?

副作用としては、顔面紅潮感、卵巣腫大、下腹部痛、吐き気や嘔吐などがあります。副作用の中で最も注意したいのが卵巣過剰刺激症候群(OHSS)です。発症率は低いですが、腹水や胸水などを起こす可能性があるので注意が必要です。

 

また、セロフェンを数周期に渡って服用し、連用すると、顎管粘液の減少や子宮内膜が薄くなるといった「抗エストロゲン作用」の副作用が起きやすくなると言われています。

 

これらの副作用は、妊娠する確率を下げてしまいますので、内服中に気になる症状が表れた場合は速やかに医師に相談するようにしましょう。

 

妊娠力を高めるには?TOPへ

関連ページ

黄体機能不全について
黄体機能不全と聞いてもあまりピンとこないかと思います。しかし、黄体機能不全は妊娠力と深い関わりのある症状です。妊娠力を高めるためには黄体機能不全について勉強しておきましょう。
黄体ホルモンを増やす食べ物
黄体ホルモンは女性ホルモンの一種ですが、妊娠力に強い影響を与えるものです。ここでは黄体ホルモンについて詳しく説明しています。
子宮内膜について
妊娠の条件として、子宮内膜の厚みが十分である事が重要です。では、子宮内膜の厚みとは一体何なのでしょうか?ここでは子宮内膜について詳しく説明しています。
hCGについて
不妊治療に興味のある方はhCGという言葉を聞いた事があると思います。ですがhCGと言われても何の事だか良く分かりませんよね?そこで、このページではhCG注射について、その効果と副作用を詳しく説明しています。
スプレキュアについて
このページでは不妊治療でスプレキュアの使用を県とされている方の為に、スプレキュアの使い方や効果と副作用について説明しています。