スプレキュアについて

スプレキュアとは?その使い方と効果・副作用について

不妊治療で利用される薬の一つに「スプレキュア」があります。

 

スプレキュアは本来、脳下垂体に作用して女性ホルモンの分泌を抑制し、子宮内膜症や子宮筋腫の治療として使われる薬です。しかし最近ではスプレキュアの持つ排卵誘発効果に注目して、不妊治療でも利用されるようになりました。

 

今回は、不妊治療でスプレキュアを処方された方や検討されている方のために、その使い方や効果、副作用について紹介していきます。

 

スプレキュアとは?

スプレキュアとは、「GnRH誘導体製剤」と言われる薬で、GnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)の活動を抑える効果があると言われます。GnRHは女性ホルモンの分泌をコントロールするホルモンで、脳からの女性ホルモンを増やす指令を脳下垂体に伝える役割を持ちます。

 

つまり、スプレキュアでGnRHを抑制し、女性ホルモンの分泌を抑制するという作用があるんですね。

 

スプレキュアの使い方は?

スプレキュアは鼻から吸引する点鼻薬として処方される場合が多いです。薬剤の入った専用ノズルを鼻腔内に入れ、決められた時間に噴射します。

 

継続して使用することでGnRHホルモンを抑える効果が発揮されるので、不妊治療で使用する際、体外受精においては1日3回を排卵日近くまで毎日投与します。排卵を促すために使用する場合には、1度の点鼻を行うだけで終わります。

 

スプレキュアを点鼻してから36時間前後に排卵が起きると言われ、タイミング法で妊娠を望んでいる女性には効果的だと考えられています。

 

スプレキュアの効果について

スプレキュアには、排卵を抑制する効果と、その真逆とも言える排卵誘発効果の両方が備わっています。

 

排卵をコントロールする効果

体外受精を行う際には、質の高い卵子をタイミングよく採取する必要があります。そのために、スプレキュアの長期的な使用により、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の分泌を抑制し、女性ホルモンを抑えて排卵をコントロールし、適切な時期に採卵する方法が取られます。

 

排卵誘発効果

スプレキュアには1度だけの使用により、短期的に急激なホルモン分泌を促す「フレアアップ」という現象を起こす働きがあります。このフレアアップ現象によって、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の分泌が一時的に高まり、短期間で卵胞が卵巣から排出されます。

 

スプレキュアの副作用について

副作用は個人差があり、頭痛や肩こり、体のだるさや吐き気といった軽度のものから、うつ症状や心筋梗塞、白血球減少など重度の副作用が現れる場合があります。服用中に体に異常を感じた場合は、すぐに医師に連絡して適切な処置を受けるようにしましょう。

 

妊娠力を高めるには?TOPへ

関連ページ

黄体機能不全について
黄体機能不全と聞いてもあまりピンとこないかと思います。しかし、黄体機能不全は妊娠力と深い関わりのある症状です。妊娠力を高めるためには黄体機能不全について勉強しておきましょう。
黄体ホルモンを増やす食べ物
黄体ホルモンは女性ホルモンの一種ですが、妊娠力に強い影響を与えるものです。ここでは黄体ホルモンについて詳しく説明しています。
子宮内膜について
妊娠の条件として、子宮内膜の厚みが十分である事が重要です。では、子宮内膜の厚みとは一体何なのでしょうか?ここでは子宮内膜について詳しく説明しています。
hCGについて
不妊治療に興味のある方はhCGという言葉を聞いた事があると思います。ですがhCGと言われても何の事だか良く分かりませんよね?そこで、このページではhCG注射について、その効果と副作用を詳しく説明しています。