無排卵の原因について

無排卵の原因とは?無排卵の可能性のある生理のタイプについて

30代や更年期の女性、産後の女性に多いと言われる無排卵ですが、妊娠を希望している女性にとっては早く気付いて改善したいですよね。そこで今回は、無排卵の原因とその可能性がある生理のタイプについて紹介します。

 

無排卵とは?

無排卵とは、「無排卵月経」のことを指し、生理はあるけれども排卵していない状態を言います。排卵障害の一つで、不妊の原因となるため、改善の必要があります。「無月経」の場合には生理が来ないので、すぐに気付くことが出来ますが、生理があっても排卵していない「無排卵」は見逃しがちです。

 

無排卵の原因

無排卵になるにはいくつか原因が考えられます。

 

脳の中枢部分や卵巣機能の異常

月経がくるためには、脳から卵巣へ、女性ホルモンを出すよう指令が出され、それを受けた卵巣が女性ホルモンを分泌させて卵子を育てます。ところが、脳がストレスを受けて卵巣に的確な指令を出せなかったり、卵巣がうまく機能しなかったりすると月経不順や無排卵性月経を引き起こしてしまう可能性があります。

 

脳や卵巣のストレスの原因

脳や卵巣のストレスとなる要素はいくつかあり、無理なダイエットや激しすぎる運動、強いストレス、不規則な生活習慣などが挙げられます。無理なダイエットによって極端に体重が減ることは、脳が「食べ物が無い状態なので、妊娠したら体に良くない」と判断する材料となります。また、激しい運動による肉体的ストレスは、体内に強い酸化ストレスを引き起こし、排卵を止める要因となってしまいます。そして、精神的なストレスや不規則な生活習慣もホルモンバランスを乱し、無排卵月経を引き起こすことがあります。

 

高プロラクチン血症

「プロラクチン」とは、脳の下垂体から分泌されるホルモンの一つで、乳腺を刺激して母乳の分泌を促進する働きがあります。高プロラクチン血症は、授乳中でもないのに血液中のプロラクチンが増え過ぎる病気で、脳が授乳中であると勘違いして排卵を止めてしまいます。

 

無排卵の可能性がある生理のタイプ

無排卵は自己判断することが難しく、不妊治療のために病院に訪れて分かったという人も少なくありません。参考までに無排卵の可能性がある生理のタイプを紹介しておきますので、当てはまるものがあれば、基礎体温をつけて生理周期を記録し、高温期や低温期の差が少なかったり、それらが分かれていなかったりする場合には病院で検査してもらうことをお勧めします。

 

普段の月経より出血量や月経痛が少ない

1回の月経での経血量には個人差がありますが、成人になると経血量はほぼ一定になるので、今までと比べて出血量が少ないと感じたら無排卵の可能性があります。もちろん体調や精神状態などによっても変化がありますので断定は出来ませんが、生理痛が弱まるなどの症状が同時に現れれば可能性を疑いましょう。

 

少量の出血が続く

一般に、正常な月経期間は3〜7日間と言われていますが、無排卵は8日以上続く場合があり、少量の出血が2週間近く続くことがあります。これは排卵が起こっていないため、女性ホルモンの波が出来ず、きちんとした周期にならないことが原因と考えられます。

 

生理周期が不規則になる

妊娠していないのに生理が来ないとか、生理周期が長くなったり短くなったりと不規則で、次の月経がいつ来るか分からない状態も無排卵月経の症状の一つです。月経周期が24日以下の「頻発月経」の場合も、39日以上の「奇発月経」の場合にも無排卵月経が起きている可能性があります。

 

妊娠力を高めるには?TOPへ

関連ページ

黄体機能不全について
黄体機能不全と聞いてもあまりピンとこないかと思います。しかし、黄体機能不全は妊娠力と深い関わりのある症状です。妊娠力を高めるためには黄体機能不全について勉強しておきましょう。
黄体ホルモンを増やす食べ物
黄体ホルモンは女性ホルモンの一種ですが、妊娠力に強い影響を与えるものです。ここでは黄体ホルモンについて詳しく説明しています。
子宮内膜について
妊娠の条件として、子宮内膜の厚みが十分である事が重要です。では、子宮内膜の厚みとは一体何なのでしょうか?ここでは子宮内膜について詳しく説明しています。
hCGについて
不妊治療に興味のある方はhCGという言葉を聞いた事があると思います。ですがhCGと言われても何の事だか良く分かりませんよね?そこで、このページではhCG注射について、その効果と副作用を詳しく説明しています。
スプレキュアについて
このページでは不妊治療でスプレキュアの使用を県とされている方の為に、スプレキュアの使い方や効果と副作用について説明しています。
セロフェンについて
不妊の治療に使われるセロフェンとは一体どんなものなのでしょう?このページでは、セロフェンの効果と副作用について詳しく説明しています。
デュファストンの効果と飲み忘れについて
不妊治療によく使われるデュファストンですが、飲み忘れるとどうなるのでしょうか?ここでは、デュファストンの効果や飲み忘れた時の対処法について詳しく説明しています。