hCGについて|hCG注射とは?

hCG注射とは?その効果と副作用を良く知ろう!

望んでもなかなか妊娠できないという人の助けになるのが不妊治療です。不妊治療の方法は様々ですが、その中でもよく使われる方法に「hCG注射」というものがあります。

 

今回は、hCG注射について、その効果と副作用を紹介していきます。

 

hCGとは?

hCGとは、「human chorionic gonadotropin」の略で、「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモンの一つです。

 

これは、受精卵が子宮内膜に着床して妊娠が成立する際に、受精卵の表面にある絨毛と呼ばれる組織から分泌されるホルモンです。このhCGが卵巣に働きかけて「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という妊娠を維持するのに不可欠な女性ホルモンの分泌を促します。

 

つまり、hCGが正常に機能することによって女性の体は妊娠を持続することが出来るのです。

 

hCG注射とは?

では、hCG注射によって、どのような効果が期待できるのでしょうか?また、そのことによって起きる副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

hCG注射によって期待される効果

hCG注射によって、体内に強制的にhCGを注入することによってプロゲステロンの分泌を促進します。黄体機能不全などプロゲステロンの分泌異常により妊娠できない人も、人工的にプロゲステロンの分泌を促すことで妊娠しやすくなります。

 

⇒黄体機能不全について

 

受精がうまくいって着床まで進んでも、プロゲステロンの分泌量が少ないために子宮内膜が剥がれやすく妊娠を継続できない人には効果が高いと言われています。

 

また、hCG注射には、排卵を促進する効果もあります。hCGは、卵巣を刺激するため、注射後の24時間から36時間後に成熟した卵胞から卵子が排出されると考えられます。排卵障害がある人やタイミング法で妊娠を望んでいる人は、適切なタイミングで排卵を促すことができるので、排卵時期に合わせて使用する場合が多いです。

 

しかし、高プロラクチン血症や多嚢胞性卵巣症候群がある場合にはhCG注射をしても排卵が起こらないことがありますので、根気よく治療を続ける必要があります。

 

hCG注射の副作用は?

hCG注射は、不妊治療の中でも比較的手軽に行われ、実証例も多いですが、副作用に注意する必要があります。

 

副作用の一つであるOHSS(卵巣過剰刺激症候群)は、hCGで過剰に卵胞が刺激されて卵巣が肥大化してしまうものです。腹痛や腰痛、吐き気のほか、腹水や胸水といった重い症状が現れる場合があります。

 

この副作用は、ホルモンの分泌が活発な10代〜20代女性に多く見られ、痩せている人や多嚢胞性卵巣症候群の人にも副作用が起こる可能性が高くなるとされています。

 

注射による副作用が現れた場合は、すぐに医師に相談し、薬の投薬を中断して経過を見ながら安静に過ごしましょう。

 

妊娠力を高めるには?TOPへ

関連ページ

黄体機能不全について
黄体機能不全と聞いてもあまりピンとこないかと思います。しかし、黄体機能不全は妊娠力と深い関わりのある症状です。妊娠力を高めるためには黄体機能不全について勉強しておきましょう。
黄体ホルモンを増やす食べ物
黄体ホルモンは女性ホルモンの一種ですが、妊娠力に強い影響を与えるものです。ここでは黄体ホルモンについて詳しく説明しています。
子宮内膜について
妊娠の条件として、子宮内膜の厚みが十分である事が重要です。では、子宮内膜の厚みとは一体何なのでしょうか?ここでは子宮内膜について詳しく説明しています。
スプレキュアについて
このページでは不妊治療でスプレキュアの使用を県とされている方の為に、スプレキュアの使い方や効果と副作用について説明しています。